トピックス

天下の玄宗皇帝が溺愛した楊貴妃は、ありとあらゆる方法で美に磨きをかけていたらしく、その白肌はみっしりときめ細やかだったそうです。 中でも欠かせない素材が杏仁で、食べるだけでなく美容クリームとしても使っていたとのこと。

杏仁の油脂分のパルミトレイン酸は、赤ちゃんの肌に多く含まれていて、成長すると消失してしまいます。 その杏仁の油脂分をクリームとして肌にのせて、お手入れしていたのでしょうね。 中国3000年の歴史は深いです。

ブログ一覧へ